「日経平均株価」と「円安円高」の関係について

 一般的に、円安になると日経平均株価は上がります。そして、逆に円高になれば日経平均株価は下がりますよね。そんなことで日経平均株価の銘柄も輸出企業が多く入っていますよね。円安になると、輸出企業は収益を上げることが出来ます。そうするとつられて日経平均株価も上がります。そんな仕組みです。

日本経済は、輸出企業が支えていると言っても過言ではありません。しかし、必ずしもそのような事になるとも限りませんよね。株価の他に為替と言うものがあります。「株価」と「為替」は基本的に全くの別物と言うことになります。『上場株』為替は世界中で取引されるものでもあります。

例えば、日経平均株価が下がりますよね。そして、その日にFRB(アメリカの連邦準備制度理事会の事で、アメリカの公定歩合、支払い準備率の決定など金融政策の策定、アメリカ国内の銀行の監視を行っている)が自国内に消極的な行動になると円高となります。

そして、ユーロ高の傾向になります。同じように考えてから、EUで金融危機状態になったら「円高」・「ドル高」傾向になります。ニュースなどで流れる為替情報については、「円対米ドル」や「円対ユーロ」が基本ですよね。「円高」と「円安」の目安と言うのは日経平均株価だけではありません。そう言っても良いのではないでしょうか。(汗)