看護師の転職は大変?

一般に、看護師に就職するには、知識や技術だけにとどまらず、「医療界で仕事をこなしていくんだ」という強い気持ちが大切だと思います。
専門職だから、普通のOLなどに比べると収入がよくて、働き口にも困ることはありません。
ただ、日常ほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければいけません。
日本の看護師が1年間にもらえる給料は平均は437万円ほどです。
しかし、国立、市立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員という立場で働いているため、平均年収は593万円ぐらいになります。
公務員看護師は給料の上がる割合も民間病院と比較すると高く、福利厚生にも恵まれています。
準看護師では、看護師と比べると平均年収が70万円ぐほど低いです。
全国の病院や様々な医療機関では、長い間ずっと看護師不足の状態が解決されずにいます。
そのため、就職、転職に関して貴重な看護師は、完全な売り手市場といえます。
看護師資格を所持していれば、希望や適性にかなう職場を比較的容易に選ぶことができます。
看護師転職情報サイトの看護系のお仕事は、求人医療機関の数もとても多いのですが、それのみではなく一般には公開されていない求人情報が多くあり、登録することで思いもしなかった好条件の転職先を紹介してもらえる機会があるかもしれません。
担当コンサルタントの手厚いフォローも特性としてあげられているようで、可能な限り細かな要求にも応じてくれているようです。

http://www.seikangoshi-tensyoku.com/